スエロ建築研究所のブログ

アイノとアルヴァ 二人のアアルト展

IMG_3903

IMG_3897のコピー

 

打合せの帰りにアアルト展へ行ってきました。

スツール60などの家具やマイレア邸などの住宅からパイミオのサナトリウムの施設まで、アアルト夫妻の作品全般に触れることができます。

当時の図面の原画や家具、大判の写真、模型と充実した展示内容でした。

アアルトの家族写真なども展示され当時の様子や人柄も感じえました。

ギャラリーコーナーでは巷で人気?のアルテックガチャは1日50個で既に売り切れ、店員さんにフィンランドのアアルト財団でしか購入できないので

是非この機会にとお勧めされたフィンランドのMAKIAとアアルト財団とのコラボバックを購入。

帰ってアアルトの本を眺めながら余韻に浸りました。

 

 

 

IMG_3919


近況報告/夏季休暇のお知らせ

water

 

私たちの業務は、案件・プレゼン時期、設計業務時期、現場監理時期と大きく3つに分かれています。

3つがバランスよくバラけてくれると有難いのですが、そううまく行かず偏る時はとことん偏ります。

まさに今年の前半は住宅(新築4件、改修2件)と商業ビルの設計業務が主になり、いつも以上にドタバタでした。

新築住宅へのウッドショック等の影響にもよりますが、盆明けから年末にかけて順次住宅の工事が始まります。

設計段階でお客様と一緒に煉に練った図面が、現場で出来上がっていく様は他にはない喜びがあります。

また、お客様にとっても現場(できていく過程)を一番楽しんでいただきたいと思っています。

後半もよろしくお願い致します。

 

■夏季休業期間

2021年8月10日(月)〜2021年8月13日(金)

 

休業期間中はご不便をおかけいたします。宜しくお願い申し上げます。


冬季休暇のお知らせ

150

平素より皆様にはお世話になっております。

まことに勝手ながら、以下の日程で本年の冬季休業をいただきます。

また、2021年1月より新規案件のご相談を受付けております。

 

■休業期間
2020年12月26日(土)〜2021年1月4日(月)

急のご連絡は問い合わせフォームまでご連絡ください。

担当者よりご連絡させていただきます。

休業期間中はご不便をおかけいたします。宜しくお願い申し上げます。


BBQ

Processed with VSCO with m5 preset

先日、久しぶりにいろんな方が集まって、久しぶりにBBQをしました。

こんな時期ですが外でたまに集まってというのも良いですね。

火を囲みながら近況や趣味の話、みんなそれぞれに溜まっていたネタを

放出し発散していました。

 

久しぶりにゆったりした心地の良い時間を過ごせました。

 

 


近況

二人で設計事務所を立ち上げて早10年が経ち、11年目の終わりに突入しています。
この10年まではというと、社会の流れに泳げるか、はたまた溺れてしまうのかと、挑戦の日々でした。

周りの人達に助けて頂きながら成長でき、私たちも日々の技術とこれまでの経験が生かせるようになってきたと思います。10年を一区切りとし、これからも20年目、30年目へと次の挑戦に向けて進んでいきます。

まだまだコロナ禍の中ですが、仕事はというと、有難いことに進行中含め案件は増えております。少数気鋭でどの案件にも分け隔てなく、同じだけの時間と労力を投入するため、同時進行できるプロジェクトには限りがあります。竣工予定時期によっては、プラン始めを遅らせて調整させて頂くこともあるかもしれませんが、ご理解の程よろしくお願いします。IMG_4029


田舎暮らし

IMG_7259

先日、友人宅にお邪魔して稲刈りをしてきました。

6月に田植えも体験させてもらいいよいよ稲刈りです。

かがんだ状態での作業とぬかるんだ田んぼに足をすくわれながら

なかなか大変でした。

友人家族はこういった事を毎日やって野菜や米を育てています。

仕事をしながら。

大変そうに見えますが家族みんな活き活きしていて

明るく元気です。もはや大変とは思っていないのかも。。。

自分たちの育てた米や野菜を食べ、土に触れ自然に触れ

毎日が充実している暮らし方だなと感じました。

筋肉痛になりましたがいい経験と何よりいい暮らしを体験できました。

来年は田んぼを今の2,3倍にするようです。また来年も体験させてもらいます。


瑠璃の浄土展 杉本博司

先日、杉本博司氏の作品展を観に京都市京セラ美術館へ

杉本博司さんのhorionシリーズを学生の時に知って以来、ずっとファンです。

写真から建築の領域まで幅広く活動されています。

当時買った、「Architecure」の作品集は当時の5倍程度まで価格が上がっていてビックリ。

「硝子の茶室 聞鳥庵」は来年の1月頃まで展示しています。

また、美術館は青木淳 + 西澤徹夫の設計。

すり鉢状のオープンスペースから半地下のエントランスへの誘導は心地よいアプローチです。

内部の中央ホールの階段から庭園への窓の開け方がすごく素敵でした。

今後の展示企画も楽しみにしています。2020-09-21 12.59.34のコピー

2020-09-21 13.03.36のコピー   2020-09-21 13.28.43のコピー

 


-About

  • スエロのいろんなこと
  • 仕事のこと
  • 出会った人のこと
  • 遊びのこと
  • スローな感じでつづります

-Caregory

-Archive